火花を読んで

たっきーが大好きだった又吉直樹さんの「火花」読み終わりました。

恥ずかしながら超久しぶりの読書だったんだけれど、重くないし、わかりやすかった。自分の好きな小説を書いてるぞ!っていう感じが伝わってきて、よかった。読んでてだんだん恥ずかしくなってくるところが私小説って感じで、太宰治のようでした。次回作があるなら芸人の物語じゃないものを読みたいです。それがすごく楽しみ。

2人にも読んでみてほしいです。
もちろんたっきーにも!
広告を非表示にする