仁義なき戦い

あっという間に12月になってしまいましたね。

たっきーが亡くなってからもう少しで丸々2年が経つけれど、まだ2年しか経っていないんだなあという気持ちの方が多いです。たっきーと遊んでいた頃のことがもっともっと昔のことだったように思えて仕方がない。まだ2年しか進んでいないことにゾッとする。もしかしてこれって記憶が薄くなってしまったってことなのかな?だとしたら本当に残酷。最近よく考えてるんだけど、時間が経てば経つほどたっきーについてどう向き合ったら良いのかが分からなくなっていく。分からないままぼんやりとしていってどんどん遠くなっていくのかなあ。そういえば命日の日、どうしよう?

 

さなえちゃんが書いていた幽霊の話だけど、確かに私もそんな気がしてきました。もしかするとたっきーは幽霊にならなかったのかもしれないね。天国でぐうたらすることを選んだのかも。まあ、それならそれでよかった。のかな?ウーン

ところで父親をはじめなぜか身近にたくさん捻くれ者がいるんだけれどその中でもさなえちゃんは強固に捻くれてるかもなあと最近なんかふと思った。違うかな・・・

 

ツイッターでは書けないなあと思いつつずっと考えていることがあるんだけど最近やたらと女中心というか女の主張を目にすることが多いなあと思ってて、あのディズニーでさえ「男に守られ救われるだけが女の幸せじゃない」みたいなことを言い出しちゃって、おいおいやめてくれよと思ってる。女なんか力も弱いしヒステリックだし男に比べたら「会社」という環境においてはやや不向きな性質と思うんだよね。性別は関係ないみたいに言うけど、実際にじゃあ男より仕事できるか?っていうと出来ないんだし。男に張り合って主張したがる女ほど最終的に女であることに逃げたりもするしね!女の時代とか言うのマジ勘弁してほしい。

つまり何が言いたいのかというと、私が勤務する会社の”頑張る女性を大切にします!”みたいな社風で女性社員が活性化したことによって私もなんとなく頑張らざるを得ないみたいな雰囲気を感じてて超めんどいっていう話でした。女は黙って子を産みやがれ!みたいな世の中だったらよかったな。昭和にいきたい。

(人が死なない)暴力賛成!男尊女卑万歳!なんつってね・・・・・・

 

 

ブログに何書いてるんだろう!!!!!

年内遊べますか?

 

 茜

 

追伸:テレビでとあるシンガーソングライターの女性が「(病んでいた時期に)自殺は殺されたのと同じだからしたくなかった」と語っていて、なんとも言えない悲しい気持ちになりました。うまく説明できないけれどもなんか、そういうことじゃない、と思った。

広告を非表示にする